Vライン脱毛

Vライン脱毛は口コミ・評判の高いこのサロンでいいと思いますよ!!

Vライン…デリケートゾーンの脱毛を思い切ってしました

わたしは夏になるとビキニを着るためにデリケートゾーンのお手入れを自分でしていました。

 

もともとそんなにデリケートゾーンの毛の量は多い方ではないのですが、毎年お手入れするのも面倒だったし、主人の強い要望で、完全にツルツルにしてしまおう!と決めたのは去年のことです。

 

わたしはインターネットでデリケートゾーンの脱毛をした人のブログや、サロンで脱毛するにはいくら必要かなどを丁寧に調べました。そして、けっこう痛みはあるらしいけど、本当にツルツルになるみたいだったので、費用は主人持ちで脱毛を受けることにしました。

 

まずはVライン脱毛、結局IOもやろうと決めていたので途中からVIO脱毛を選択しました。お値段は確か10万円程度だったと思います。

 

方法は、専用のジェルを塗ってお肌と毛根にジェルを浸透させ、光照射で脱毛していきます。紙のパンツをはいて行いますが、正直アソコは施術者の人に見えてしまっていると思います。恥ずかしいのは恥ずかしいですが、同性だし、向こうは見慣れてるんだ!と開き直って足を広げて脱毛してもらいました。

 

6回の施術が終わったころにはもうホントにツルツルで、そういうのが好きな主人は大喜びでした。

 

もちろん永久脱毛ではないので細々と細かい毛は生えてきますが、以前に比べたら見違えるほどです。デリケートゾーンのヘアは誰でも剛毛だと思いますが、あのような太くて縮れた毛は生えて来ません。

 

思い切ってやって良かったと思っています。何も気にせず水着になれますし、主人は喜ぶし、なんだか清潔な感じもしますし、大満足です。

Vライン脱毛のはずが…結局、全身脱毛しちゃいました!

私にとって夏になると大きな悩みとなるのが、ムダ毛の処理です。

 

腕や脚は自分でどうにかできても、いわゆるVラインなどのデリケートゾーンはどう処理をして良いのかわからず、かなり放置気味でした。

 

社会人になって早数年、いい加減どうにかしたい私にとって夏になると大きな悩みとなるのが、ムダ毛の処理です。腕や脚は自分でどうにかできても、いわゆるデリケートゾーンはどう処理をして良いのかわからず、かなり放置気味でした。社会人になって早数年、いい加減どうにかしたいと思い、いろいろ考えた末、サロンで脱毛をしてもらうことにしました。

 

私はこの際と思い切って、全身脱毛コースを申込みました。最近では高校生ぐらいから脱毛を始める子もおり、遅すぎることはないですが、かなり今更感が漂う中での脱毛スタートです。

 

私の通うサロンでは全身を大きく3パーツに分けて、各パーツごと別日に行います。各パーツに関しては毛の周期に合わせて約3か月に一度ずつ脱毛を行うというパターンです。その中の1つがいわゆるデリケートゾーンの脱毛です。最近では、ハイナジーナという呼び方で呼ばれることも多く、清潔さを保つといった点でVIOラインの脱毛をする女性が増えているそうです。ミュゼの口コミを参考にどうぞ♪

 

そして、実際の脱毛に関してですがこれは本当に恥ずかしいです。当たり前ですがVIOラインの脱毛ということはその部分に光を当ててもらい脱毛をするわけです。まずVに関してですがここはまあ普通に光を照射していきます。次はIラインです。一般的にイメージすると出産する状態の格好をします。

 

脚を開いて大きく開きます。もちろん顔は目の保護をいうこともありタオル等で覆われているのですが、やはり恥ずかしいです。そしてOラインはうつぶせになります。そして向こうの店員さんが思いっきりおしりを開きながら光を照射していってくれます。こちらも顔こそ反対を向いていますがかなり恥ずかしいです。

 

これらがサロンでのデリケートゾーンの脱毛の方法です。かなり恥ずかしいと書かせていただきましたが、実際のところ、2.3回目までは本当に慣れることもなくこっぱずかしいです。しかし、それ以降になると、脱毛の効果もしっかりと感じられているので、もうおまかせするのみです。海外ではVIOの脱毛はほぼ当たり前だそうです。

 

私自身も脱毛してもらったおかげで特にこれから夏の季節の嫌なにおいや、生理中のムレ等が激減しました。長い人生を考えると一瞬の恥ずかしさよりは一生のお気楽さが手に入って本当に満足です。